平阳の観光概况

????平阳が浙江省の南部に位置する。山水の絶景を有し、観光资源に富んでいる。

best365如何????国家级风景名胜区?国家AAAA级の観光地である南雁荡山は平阳の西部にある。温州市街地から70キロメートル离れ、総面积は169.27平方メートルに达す。西洞、顺渓、明王峰、碧海天城、腾蛟―赤岩山の五大景胜地からなる。南雁荡山という名前は山上に「荡(水草が漂っている湖の意味)」があり、秋になると、渡りのため行き来する雁がそこに羽を休めることに因む。わが国东南沿海部における名山の一つであり、古くから「东南の佳境、浙江の圣地」の美名を有する。当该地方に、山々が峰を连ね、无数の渓流が縦横に流れ、静谧な洞窟が所々に点在し、滝が飞ぶように速く流れ落ちる。それに、名所旧迹が多く、独特の风俗がある。主な特色として山水は引き立てあい、壮大な风致景観を织り成し、絶妙のコントラストをなしている。秀渓、幽洞、奇峰、景岩、银滝、石堑の六景で名を驰せた。中国仏教协会元会长の张朴初氏はかつて「秋色平分南北雁、高风遥接东西林」という対联を书き记し、美景を赏賛した。

????「北雁荡山は峰が有名で、南雁荡山は洞窟で名を挙げた」と言われるが、実は自然景観から见ると、南雁荡山に六景がある。人文景観については「三教共存」の状况にあり、全国において极めてまれである。即ち、儒教の会文书院、仏教の観音洞と道教の仙姑洞は调和を取り、ともに発展しつつある。

????その他、平阳には全国红色旅游経典観光地、全国爱国主义教育模范基地浙南(平阳)抗日根拠地の旧趾、世界生物圏保护区、国家海洋自然保护区、中国十大最も绮丽な岛の一つである南麂列岛、全国重点文物保护単位顺渓古建筑群等がある。美しき自然风光と优れた人文景観は平阳の絶好な観光资源となり得た。